AZUL Energy アジュールエナジー

アジュールエナジー:世界を変える「青」

会社概要

AZUL Energy株式会社は、次世代エネルギーデバイスとして期待される「空気電池」の新たな可能性に着目し、クリーンエネルギーによる循環型社会の実現への貢献を目指して設立されました。

乾電池は、その発明以来、様々な電子機器用の電源として普及していますが、スマートフォンに代表されるように、電子デバイスがこれほど高度に発達した現代においても、電池そのものの性能やデザインに大きなイノベーションが生まれていないという現状があります。もし電池が今よりも軽く、薄く、手軽に、しかも長寿命で安全に使えるようになれば、ライフスタイルはより便利で快適のものに変えられるはずです。この信念のもと、“電池を再発明する”ことに私たちは挑戦致します。

AZUL Energy株式会社は、新たな次世代ネルギーデバイスとして、空気電池の性能向上、空気電池関連製品の開発、エコで快適な新たなライフスタイルの提案により、IoT社会、低炭素社会、循環型社会の実現に貢献致します。

ごあいさつ

 この度我々は青色顔料研究の過程において、その一種を担持した触媒電極が白金炭素(Pt/C)や既往の触媒電極材料よりも高い活性を示す事を見いだしました。本成果をエネルギーデバイスに展開することにより、来るべきIoT社会・低炭素社会・循環型社会の実現に貢献したいと考えています。
 今回見いだした触媒電極技術(AZUL)は、コスト・性能・耐久性の全ての観点においてPt/Cより優位であるため、本触媒電極をPt/C代替材料として使用することで、希少元素であるPt使用量の削減や、金属空気電池、燃料電池等デバイスのコスト削減、出力や安定性の向上などが期待されます。
 AZUL Energy株式会社は東北大学ビジネスインキュベーションプログラム(BIP)の支援を受け、本技術の実用化に向けて設立されました。

Members

Members - 伊藤 晃寿・藪 浩・阿部 博弥

Hiroshi Yabu

Koju Ito

Hiroya Abe

代表取締役社長
伊藤 晃寿
2002年より富士フイルムにて機能性材料の研究開発と
産学連携による新規事業開発を推進。
2019年 AZUL Energy株式会社を設立。
取締役・CSO
藪 浩 博士(理学)
東北大学 材料科学高等研究所(WPI-AIMR)
ジュニア主任研究者(准教授)
Co-Founder
阿部 博弥 博士(学術)
東北大学 学際科学フロンティア研究所 助教

技術情報

AZULテクノロジーによる触媒革命

燃料電池用の触媒には、白金炭素触媒(Pt/C)が使用されており、レアメタルのため資源制約・コスト・耐久性が理由で燃料電池車(FCV)普及のボトルネックの一つとなっています。
金属錯体青色顔料と安価なカーボン材料を原料に、白金触媒を性能とコストで超える新素材「AZUL」を開発しました。

AZULテクノロジーによる触媒革命 AZULテクノロジーによる触媒革命

触媒の特長

燃料電池や金属空気電池に現在用いられている、白金触媒や、マンガン系触媒と比較した結果、AZUL触媒は、性能、コスト、安全性の各項目で同等以上の性能を有することがわかりました。
安全性の高さは、今後金属空気電池のウェアラブル用途への適用拡大に向けては、特に重要な特長となります。

酸素還元触媒の性能比較

酸素還元触媒の性能比較

触媒性能の比較

高性能・高耐久・低コストかつ、
安全な超高性能触媒の開発に成功しました。

触媒性能の比較

ニュース・リリース

ロゴマークについて

AZULはポルトガル語やスペイン 語で「青」や「空色」を意味します。(フランス語ではAZUR)
空気や水をイメージする青色は私たちの技術を象徴する色であり、クリーンエネルギーが叶える循環型社会、そして、環境に優しいエネルギーをイメージしています。
グラデーションは、深い海の底から光の方へと向かって行く様子とクリーンエネルギーが目指す明るい未来を表現しています。

アクセス・お問合せ

〒980-0811
宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1
仙台トラストタワー 10階 CROSSCOOP内
AZUL Energy株式会社

Please enable javascript

上に戻る